避難訓練

18日、朝の8時15分、火災を知らせるベルがなりました。いつ起きるかわかりません。どんな時でも、しっかりと判断し、迅速に避難できることが大切です。訓練開始時刻は児童に伝えていませんでした。登校後間なしの時刻でしたが、火災想定場所から離れたところを通り、全員無事に避難することができました。

給食甲子園 応援ビデオ撮影

12日のお昼休み、今年度も全国大会(給食甲子園)決勝に進んだ丹波篠山市の給食を応援するビデオ撮影を行いました。東部給食センターの酒井所長が来校され、ビデオ撮影をされました。城東小は4・5・6年生でメッセージをおくることになっていました。全員で魂のこもった声を出し、熱い応援メッセージを贈ることができました。「めざせ 二連覇!」

後期児童会役員選挙

19日(月)、後期児童会役員を選ぶ演説会と選挙がありました。5・6年生12名が立候補しました。全校生を前に、それぞれが気持ちのこもった力強い演説を行いました。「こんな学校にしたい!」「そのためにこんなことをしていきます!」たのもしい演説ばかりでした。それを聴いている側も真剣そのものでした。

 

ライオンズクラブからの寄贈

本日、城東ライオンズクラブから、本校に非接触型(センサーで感知)の体温計を2つ、ご寄贈いただきました。城東ライオンズクラブの内藤宏和会長様と向井祥隆様が来校され、木村暁校長に手渡されました。

本校には、これまで非接触型の体温計がありませんでした。その都度、消毒をしなければならず、また計るのに時間もかかっていました。これで大変便利になります。買い求めるのにも、なかなか手に入りにくい状況のなか、本当にありがたいことでした。

6月1日 学校再開

いよいよ学校・園が再開しました。子どもたちの笑い声が響く学校がようやく戻ってきました。学校・園ともに全員出席(お家の都合除く)でスタートできました。朝会では、木村校長先生から、再開にあたって全校生に『今しかできないことを力一杯がんばろう』というお話がありました。4月から55日間の臨時休業は、子ども、大人にとっても初めての経験でした。「どうなるのだろう」そんな不安な思いをだれもが抱いているなか、再開にあたりどうすればいいのか、出した答えがこれでした・・・。「当たり前にできることを、力一杯がんばっていきましょう。」

そのあと、コロナ対応について衛生面の話が細見養護教諭からありました。守るべき「6つのポイント」について、1つ1つみんなで確認していきました。

登校(園)可能日の設定について

市教委より保護者様に通知文が届いております。緊急事態宣言が5月31日で解除の場合は、6月1日から学校(園)再開となる予定であること、臨時休業中の5月25日からの週に登校(園)可能日を設けること等についてのお知らせとなっています。以下の1番目のPDFをご覧ください。それを受けて城東小学校・かやのみ幼稚園の登校(園)可能日についてのお知らせをしております。2番目のPDFでご覧ください。

R20519 saitoukou(市教委)toukoukanoubi 5 19(城東小・かやのみ幼)