5010 篠山まるごと丼の日  65周年記念給食

丹波篠山市では、毎年5月10日は、「0510丼の日」とされています。丹波篠山産のコシヒカリやお肉、山の芋や旬の野菜をつかったこだわりメニューです。

今日は、65周年記念給食として、お祝いの「紅白だんご」もついた献立でした。市内の栄養教諭が作成された記念動画を視聴し、給食のおいしさの魅力を感じてから、いただきました。丹波篠山市教育長様ともいっしょにおいしくいただきました。また、たくさんの取材を受けましたので、新聞等でご覧ください。また、サンテレビは5月25日(水)17時台のニュースで放映されます。

プール掃除を実施しました 5月2日

5月2日(月)4年生以上で、時間を分けてプール掃除をしました。少し早いですが、コロナ禍でプール水泳を授業で実施していない期間が長く、今後機械も含めて点検が必要となるからです。プール掃除も長い期間していませんでしたが、みんなで協力して半日で掃除がなんとか終わりました。

これから点検が無事終わり、久しぶりの学校でのプール水泳ができることを願っております。

 

令和3年度修了式 3月24日

23日、卒業式に29名を送りだし、24日、令和3年度修了式を迎えました。式では、校長より、各学年の代表者が修了証を受け取りました。そして、この一年で成長したこと、頑張ったことを称え、次の学年に活かして欲しいとの話がありました。

「よく学び、よく遊び、よく食べる ふるさと城東を誇りに思い自立して未来に挑戦する城東っ子の育成」の学校目標のもと令和3年度を学校教育に取り組んできました。保護者の皆様、地域の皆様、城東小学校の教育活動に関わっていただきました全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

令和4年度は、4月7日からスタートします。引き続き、ご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年度 小学校4月当初の予定

4月7日(木)始業式

4月8日(金)入学式

4月11日(月)給食開始 13時40分下校

4月12日(火)13時40分下校

4月13日(水)13時40分下校

4月14日(木)通常授業開始

4月22日(金)参観日

 

旧後川小学校跡地 遊具完成式 2月26日

2月26日、旧後川小学校跡地において遊具完成式が行われました。後川郷づくり協議会のみなさまと丹波篠山市「おいでよささっ子遊具設置事業」のご協力を経て、すべり台が設置されました。

式典では、市長様、市議会のみなさま、後川地区の自治会長さま、地域のみなさまや子ども達も参列のもと、感染予防を徹底して式が行われました。子ども達のテープカットのあと、さっそく遊びはじめとして、楽しくすべりました。幼稚園でも川遊びの際に旧後川小学校を活用させていただいております。後川地区の子ども達だけでなくたくさんの子ども達で安全に楽しみたいと思います。

 

避難訓練および1.17メモリアル集会

阪神淡路大震災当時の話 校長先生より訓練についての振り返り メモリアル集会 訓練の様子(机のしたに隠れる) 訓練の様子(頭を守って避難)

阪神淡路大震災から27年目をむかえました。1月17日(月)に避難訓練およびメモリアル集会を実施しました。子ども達はもちろんのこと、先生やご家族の方にとっても、実際に体験されたことや記憶がない人も多いことでしょう。しかし、阪神淡路大震災は、ボランティア元年とも言われ、ともに助け合うことの大切さや、自分のいのちや家族や友だちのいのちを守るための防災や減災についての大切さの教訓として、今日までつないできました。地震はいつ起きるかわかりません。地震に備えるために子どもたちと「クロスロードゲーム」を参考に「いざというときの判断(家で一人の時の大震災時の行動)について」いっしょに考えました。このゲームには正解はありません。地震や災害が起きたらどう行動するのか、みんなで話し合って事前にルールを決めておくことが大事であると話しました。

城東小 校内書き初め展のご案内

保護者様へ

新学期早々、校庭には寒さ知らずの子どもたちの元気な歓声が響きわたっています。保護者の皆様にはますますご清祥のこととお喜び申しあげます。

平素は、本校の教育振興に深いご理解とご協力を賜り心より感謝申しあげます。

さて、みだしのことについて、下記のとおり開催いたします。ご多用のことと存じますが、マスクの着用等感染症予防対策の上、ご来校いただいた折に、児童の作品をご覧くださいますようお願い申しあげます。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、保護者のみなさまの観覧を中止する場合もありますが、ご理解とご協力をよろしくお願います。

 

 《校内書き初め展》

期    間    令和4年1月17日(月)~21日(金) 8:30~17:00

会    場    城東小学校  なかよしホール

展示作品    全児童の作品

歯科衛生指導が始まりました 

12月9日(木)の2時間目と3時間目に、4年生と6年生の子ども達は歯科衛生士の方に歯の健康とむし歯について教えてもらいました。

コロナ禍の実施ということで歯みがきの染出し実験を行うことはできませんでしたが、クイズや映像を見て子ども達は一生懸命勉強をしていました。

4年生はかむかむチェックシートを見ながら噛む回数について勉強をしました。たくさん噛むことで唾液が出てきて口の中の健康を守ってくれることを興味をもちながら話を聞いていました。最後に歯の健康のふりかえりを行い、一人ひとりが結果を見ながら、これからのよりよい歯のための生活をしようと感じている様子でした。

6年生はむし歯に加えて歯周病についても勉強をしました。とても真剣に話を聞いていて、最上級生としての姿がありました。基本的なむし歯の話から歯周病の話も聞き、歯肉炎を見つける問題では一生懸命プリントを見つめ取り組んでいました。早口言葉を口にすると「言えない」「難しい」と声が聞こえ、舌の動きも重要であることを学んでいました。

 

次の歯科衛生指導は12/14(火)です。2年生と5年生が歯の勉強をします。

校内授業研究会 12月6日

12月6日、第3回目となる校内授業研究会を実施しました。本校は「教科の学びを深め、教科の本質に迫る授業づくり」~GIGAスクール構想におけるICTを活用した授業実践~を研究テーマとして取り組んでいます。今回は、5年生の図工科と2年生の算数科の授業研究を実施しました。講師として丹波教育事務所スーパーティーチャー、図工科の教科等指導員の先生、市教育研究所の指導主事、市教育委員会GIGAスクールサポーターを招聘し、事後研修を行いました。

デジタル教材やGoogleアプリのjamboardを活用し、本時の学習のめあてにいかに迫れたのか?また、子ども達が深い学びに向けて協働的に取り組めていたのか?など議論しました。たくさんの講師の方からのご助言もいただき、ICT活用の新たな発見をした職員も多くあり、充実した研修会となりました。

授業研究前から、デジタル教材の活用の為に、市教委委員会教育研究所のICT支援員にも支援を受け、多くの支援を受けて研究授業に取り組めました。たくさんの支援に感謝しております。

3学期も研修を実施する予定です。今後の授業改善に活かしていきます。 

 

オリンピアン竹澤健介さんが来校(4・5・6年)

オリンピック・パラリンピック・ムーブメント事業の一環で、2日(木)オリンピアンの竹澤健介さんに来校していただき、講演会・実技体験を実施しました。竹澤さんは、早稲田大学時代に箱根駅伝で区間賞、世界陸上・北京オリンピック(5000m・10000m)に出場された、日本代表として活躍されたオリンピアンです。講演会では、「夢や目標の実現に向けて~オリンピックの出場の経験から~」を演題に、4・5・6年生に竹澤さんの経験から夢や目標の実現に向けたプランニングについてわかりやすく話をしていただきました。陸上競技を始めたきっかけや、目標のもちかたや、目標に向けての計画性の重要性、そして、人よりちょっとだけでも頑張るといったことなど話を聞いていてすぐにでもできそうな気持ちになるほど、説得力のあるお話でした。講演会の後は、実技体験「マラソンクリニック」として、マラソン大会に向けて走り方の基礎を指導していただきました。速く走るためには、姿勢が大切であること、一人で走るより二人で走り、同じリズムで走ることを教えていただきました。子どもたちは、竹澤さんの話を真剣に聞いて、実技に取り組みました。この指導を受けて、今年のマラソン大会に向けてマラソン練習に励もうと多くの子どもが感じてくれました。世界で活躍されたオリンピアン竹澤さんに出会えたことに感謝いたします。

遊具が安全に使えるようになりました

運動場にある遊具について教育委員会の協力を得て、より安全に使えるようになりました。つかむ棒の幅を大きくしたり、転落を防ぐネットを設置したりと安全に配慮していただきました。今後も子ども達が安全に遊具を使えるように指導し、学校生活を送れるよう支援していきます。。