あまごのつかみどり

子どもたちがプールに入ってあまごを手づかみしています。あまごを炭火で焼いています

7月25日(木)に日置ふれあい館とドリーム学級の共催で、「あまごのつかみどりと竹細工」を行いました。この日は、城東小学校から63名の子どもたちが参加しました。

まず、高学年が中心となってあまごを焼くときに使う竹串の準備をしました。地域の方が準備してくださった竹の棒の先を小刀で尖らせました。あまごがプールに放たれると、子どもたちは嬉しそうにプールに入り、走り回りながら魚を捕まえました。捕まえた魚は炭火で焼いていただきました。

魚を食べ終わると、地域の方々が竹で紙鉄砲を作ってくださりました。筒の先に濡れた新聞紙を詰めて、空気を送ると「ポン」とよい音がなり玉が飛びました。

地域の方々にお世話になり一緒に楽しい時間を過ごすことができました。