心に残る卒業式

3週間ぶりに17名が登校し、3月23日の大切な卒業式に向けての1日が始まりました。大切なポイントを押さえ、卒業式の練習を集中して取り組みました。例年とは違った卒業式でありましたが、子どもたちにとっては一生で一度の大切な卒業式を自分たちで雰囲気をつくりだし、門出の言葉もはっきりと伝えることができ、頼もしく感じました。本当に心に残る卒業式になりました。さすが、常笑軍団!みんなに出会えたことに「ありがとう」

卒業式を待つのみ

 

6年生のみなさん、長い休校で卒業に向けての取組をみんなで進めることができませんでした。しかし、城東小の先生たちで卒業式に向けて、教室や体育館など準備を進めました。非常時の卒業式ですが、卒業式ができることに感謝して、みんなの心に残る卒業式をみんなで創り上げましょう。みんな元気に最後の一日を・・・。

 

 

 

 

 

自分たちの成長を実感、あれから6年(6年)

12日(水)に幼稚園年長組の劇遊びの発表を見に行きました。生活発表会に向けて、取り組んでいる「じごくのそうべえ」の劇遊びを見せてもらいました。6年生は年長児の一生懸命に役に演じる姿を見て、自分たちの年長のときの姿を思い出していました。年長児が楽しく、一生懸命に演じている姿に、生活発表会にむけての励ましの感想をたくさん伝えました。

1人1袋で集まったアルミ缶 200㎏まで頑張ろう(児童会)

3学期の初日と2日目に、子どもたちがアルミ缶を袋に入れてたくさん持って来てくれました。児童玄関ホールには、アルミ缶があふれかえるほど集まりました。始業式後には、6年生でアルミ缶を踏みかさを減らして、大きな袋に入れ重さを計りました。初日は、16.8㎏、2日目は6.4㎏と、合計23.2㎏集めることができました。

これだけの量を集められたのも、冬休み前に児童会が全校生に児童会新聞やお知らせで呼びかけ、1人一袋運動を実施した結果でもあります。児童会の呼びかけに、全校生が協力しようと子どもだけでなく、ご家庭の協力があってこそだと感謝しています。

児童会は200kgを目標してきましたが、まだ、それでも53kg足りないです。2月1日までには、どうにか目標を達成したいです。

限られている期間ですが、今後とも、ご家庭でアルミ缶を集めていただき、子どもたちに持たせてください。どうぞご協力をお願いします。

 

 

集中して書いた書き初め(6年)

 

8日(水)に校内書き初め大会を3~6年生は一斉に体育館で行いました。2学期末から書写の時間に課題の「伝統を守る」の練習をはじめ、冬休みにも家でも練習を頑張っていました。

書き初め大会がはじまると、体育館はシーンと静まり、筆を動かし集中して書く様子が見られました。自分が納得いくまで、集中を切らさずに一人一人が丁寧に半紙に書いていました。6年生の素晴らしかったのは、周りが少し騒がしくなっても、集中していたことです。本当に、よく頑張って美しい字を書くことができました。

書き初め展の作品から、市教育書道展(1点)と丹波の森新春書き初め展(2点)へ出展させていただきます。また、全校生の作品は、校内書き初め展を実施しますのでお知らせしておきます。(校内書き初め展:1月20日<月>~24日<金>)

 

兵庫県体育科研究発表大会

8日(金)に兵庫県小学校教育研究会体育部研究大会が城東小学校で開催しました。県内からおよそ300名の先生や教育関係の方々が、1・3・4・6年生の体育授業を参観されました。授業後には、分科会、研究発表、講演会を行い、たくさんの先生が体育授業について、研修を深められました。この研究会に向けて、3年前から本校は、体育授業の研究をはじめてきました。これまでにたくさんの授業実践に取り組んできた成果を発表することができ、多くの先生方が城東小の体育に関心や興味を寄せられました。それは、1時間の授業で子どもたちの動き(技)が変化していく姿が見られ、子どもたちが友だちと教え合い、場を作ったり、変えたりして課題に向かう態度や姿が見られたからだと思います。  分科会では、多くの先生から「学級の明るい雰囲気がすばらしい」「友だち同士の関係がよい」「子どもと先生とのよい関係」「学習に向かう態度」という、子どものことや学級について言葉をいただきました。授業内容も大切ですが、よい授業ができるのも学級の雰囲気やよい人間関係が基盤となります。そのような学級の担任として、大きな研究会でたくさんの先生に授業を見ていただけたこと本当に幸せだなと感じました。

茶道体験

伝統文化体験事業で茶道体験を16日(水)に実施しました。兵庫県茶道協会の方に講師としてお世話になり、茶道の礼儀や作法、お茶のたて方、茶菓子やお茶のいただき方、お茶の出し方など教えていただき、実際にお茶と茶菓子をいただきました。茶道をはじめて体験した子どもが多く、お茶の苦み、茶菓子の甘さを味覚で感じ、お茶を味わうことができました。次回の体験は11月13日(水)です。

児童会選挙・責任ある投票!

後期児童会選挙に5名(会長2名・副会長1名・書記2名)が立候補しました。今回の選挙運動は、給食時間に演説をする時間を設定し、全校生が立候補者の顔と名前を覚えるだけでなく、立候補者がどんな児童会にしたいのかという思い、マニフェストを知ってもらうために行いました。児童会選挙が人気投票にならないように、だれが、どんな児童会にしたいのかを考え、投票することも事前に指導しながら選挙を実施しました。16日(水)の立会演説会では、立候補の理由や児童会で取り組みたい具体的な思いを全校生に訴え、児童会への思いを呼びかけていました。気持ちのこもった素晴らしい演説は、投票者の気持ちを掴み責任ある一票を投じていました。児童会の改選に伴い、委員会もメンバーを入れ替えて、新たな取り組みを進めていきます。

 

 

 

校内陸上記録会を実施

市陸上記録会がに中止になったため、校内記録会として4日(金)に実施しました。100mが運動場でとれないため70mを計測しました。また、走り幅跳び・走り高跳び・50mハードル・1000m(女子800m)、ソフトボール投げの1種目を計測しました。種目ごとに計測をし、みんなで応援しながら競技しました。みんな力いっぱい自分の記録にチャレンジすることができました。本当によくがんばりました。

高城山に登ったよ

3日(木)に高城山に登りました。地域の方にガイド役となっていただき野々垣から約60分、山道を一歩ずつ登りました。途中イノシシのお風呂や朝地池の伝説など話をしていただき、山頂に到着しました。学校や市街地も見えて篠山が一望できました。山に登ることに不安があった子たちもみんな元気に下山まですることができ、みんなで登った体験はよい思い出になると思います。