人権朝会「自分や友だちを大切にしよう」

12月の人権朝会は「自分や友だちを大切にしよう ~自分のこと、知ってる?友だちのこと知ってる?~」というテーマで行いました。12月4日~10日は人権週間です。自分もみんなも「安心」して「自由」に暮らせるために、まずは自分のことを大切にしてほしいと思います。そして周りの友だちのことをよく知り、周りの友だちのことも自分と同じくらい大切にしていきましょう。

 

兵庫県体育科研究発表大会

8日(金)に兵庫県小学校教育研究会体育部研究大会が城東小学校で開催しました。県内からおよそ300名の先生や教育関係の方々が、1・3・4・6年生の体育授業を参観されました。授業後には、分科会、研究発表、講演会を行い、たくさんの先生が体育授業について、研修を深められました。この研究会に向けて、3年前から本校は、体育授業の研究をはじめてきました。これまでにたくさんの授業実践に取り組んできた成果を発表することができ、多くの先生方が城東小の体育に関心や興味を寄せられました。それは、1時間の授業で子どもたちの動き(技)が変化していく姿が見られ、子どもたちが友だちと教え合い、場を作ったり、変えたりして課題に向かう態度や姿が見られたからだと思います。  分科会では、多くの先生から「学級の明るい雰囲気がすばらしい」「友だち同士の関係がよい」「子どもと先生とのよい関係」「学習に向かう態度」という、子どものことや学級について言葉をいただきました。授業内容も大切ですが、よい授業ができるのも学級の雰囲気やよい人間関係が基盤となります。そのような学級の担任として、大きな研究会でたくさんの先生に授業を見ていただけたこと本当に幸せだなと感じました。

あいさつ運動(PTA・市・児童会)

今週の月曜日、児童玄関前で大々的に「あいさつ運動」を行いました。PTAから16名、市役所から4名、そして職員・児童会役員も一緒になって、全校児童を迎えました。PTAでは市の補助金を活用して「黄色のベスト」を今年も購入しました。大人はそれを着ました。たくさんの皆様に迎えられ、子どもたちはいつも以上に元気な声と笑顔で「おはようございます!」を響かせていました。

兵庫県小学校教育研究会 体育研究大会

膝ピーン台上前転はしってとんでたのしもう全体会ゲートアタックボール

11月8日(金)、兵庫県小学校教育研究会体育部会総会並びに研究大会丹波地区大会を本校で開催し、県下各地より約300名の方々がご参加くださいました。

公開授業では、子どもたちがのびのびと体育の学習をしている様子をご覧いただきました。また、本校の体育研究や授業実践の発表、記念講演など、多くの方と学び合うよい機会となりました。

PTA役員9名の皆様にも運営などご協力いただきありがとうございました。おかげさまで無事実施することができました。

今後も、この研究大会での学びを生かし、心も体も元気いっぱいの城東っ子の育成を目指して取り組んでいきます。

10月人権朝会~よいあつまりって何だろう?~

10月の人権朝会ではよいあつまりについて考えました。城東小学校が大切にしている「6つのあ」(あいさつ、あつまり、あとしまつ、ありがとう、あるく、あせ)の中でもあつまりは特に、その場にいる全員が頑張らないと「よいあつまり」になりません。

よいあつまりとは「静かなこと」「時間通りに集まれていること」「話す人の方向を全員が見ていること」だと確認した後、よいあつまりができていると、自分もみんなも気持ちが良くなることを考えました。

よいあつまりを作るのは114人の城東っ子一人一人です。みんながみんなのことを考えてよいあつまりができる学校にしていきましょう。

茶道体験

伝統文化体験事業で茶道体験を16日(水)に実施しました。兵庫県茶道協会の方に講師としてお世話になり、茶道の礼儀や作法、お茶のたて方、茶菓子やお茶のいただき方、お茶の出し方など教えていただき、実際にお茶と茶菓子をいただきました。茶道をはじめて体験した子どもが多く、お茶の苦み、茶菓子の甘さを味覚で感じ、お茶を味わうことができました。次回の体験は11月13日(水)です。

児童会選挙・責任ある投票!

後期児童会選挙に5名(会長2名・副会長1名・書記2名)が立候補しました。今回の選挙運動は、給食時間に演説をする時間を設定し、全校生が立候補者の顔と名前を覚えるだけでなく、立候補者がどんな児童会にしたいのかという思い、マニフェストを知ってもらうために行いました。児童会選挙が人気投票にならないように、だれが、どんな児童会にしたいのかを考え、投票することも事前に指導しながら選挙を実施しました。16日(水)の立会演説会では、立候補の理由や児童会で取り組みたい具体的な思いを全校生に訴え、児童会への思いを呼びかけていました。気持ちのこもった素晴らしい演説は、投票者の気持ちを掴み責任ある一票を投じていました。児童会の改選に伴い、委員会もメンバーを入れ替えて、新たな取り組みを進めていきます。

 

 

 

校内陸上記録会を実施

市陸上記録会がに中止になったため、校内記録会として4日(金)に実施しました。100mが運動場でとれないため70mを計測しました。また、走り幅跳び・走り高跳び・50mハードル・1000m(女子800m)、ソフトボール投げの1種目を計測しました。種目ごとに計測をし、みんなで応援しながら競技しました。みんな力いっぱい自分の記録にチャレンジすることができました。本当によくがんばりました。

高城山に登ったよ

3日(木)に高城山に登りました。地域の方にガイド役となっていただき野々垣から約60分、山道を一歩ずつ登りました。途中イノシシのお風呂や朝地池の伝説など話をしていただき、山頂に到着しました。学校や市街地も見えて篠山が一望できました。山に登ることに不安があった子たちもみんな元気に下山まですることができ、みんなで登った体験はよい思い出になると思います。

9.30 朝会から

今週月曜日(30日)の朝会では、前日行われた全国車いすマラソン大会での副島選手のとについて、校長先生や木村先生からお話がありました。当日、4・5年生や保護者をはじめ約40人が、泉の沿道で副島選手の応援にかけつけました。すごいスピードで断トツ1位で走り抜けていったこと、また大会前にいただいたお手紙には、「最後の丹波篠山でのマラソン大会で優勝者として名前を残します」とあった通り、大会新記録で見事優勝されたことなど、映像とともに紹介されました。最後には、ゴール後、副島選手が城東小学校の児童へメッセージを語ってくださった動画の紹介もありました。

有言実行された副島選手の活躍やパラリンピック代表に向けてこれからも努力される姿勢に子どもたちは大きな影響を受けたことでしょう。お休みの日に多数応援にかけつけていただき、ありがとうございました。